Blogブログ

髪が傷みすぎてやばい時の対処法とは!?

こんにちは!髪質改善サロンCasa(カーサ)スタイリストの松下です。

当店は髪質改善サロンなので、さまざまな髪の状態の方が来店してくださいます。

ローダメージからハイダメージまで髪の悩みは十人十色です。中には本当にダメージしているお客様もいます。

髪が傷みすぎてやばいという方のために、どのようにしたらいいのかについて解説していきます。

髪のダメージの原因とは?

髪のダメージには、様々な原因があります。

各カテゴリーでご紹介していきます。

カラーやパーマによるケミカルダメージ

カラー剤やパーマ剤には、アルカリ剤が含まれています。このアルカリ剤は髪のダメージを助長させます。

カラー剤の場合、髪のトーン(明るさ)が上がれば上がるほどアルカリが上がりますので、ダメージになります。

髪のダメージを最小限にする髪質改善サロンでは、アルカリを最小限で染めていくので、髪に必要以上のダメージを与えないようにしています。

パーマ剤の場合、髪の結合を切る還元剤と、髪の中に還元剤を浸透させるアルカリ剤が含まれているため、強い薬剤をしようしたり、髪にダメージがある状態でパーマをすると、ダメージが進行してしまいます。

髪に適切な薬剤選定をすることで、髪のダメージを最小限にしてパーマや縮毛矯正をかけていくことができます。

ドライヤーやアイロンの熱ダメージ

ドライヤーやアイロンは髪を乾かしたり、形状を変えたりします。

髪の水分を抜き、髪の形状を変えるということは、温度が高い必要があります。

アイロンとなると180℃などで髪に熱を当てていきます。その結果、髪のたんぱく変性(熱によりタンパク質である髪が硬くなる現象)が起こり、ダメージをしてしまいます。

高温のドライヤーを使用しないことや乾かす前にアウトバストリートメントを使用し熱保護をすることや、アイロンを使用する際に温度を下げることで髪のダメージを最小限にしていくことができます。

物理的ダメージ

髪は物理的にもダメージをします。

タオルで髪を強くこすることや、シャンプーを強い力で行うことなどによる摩擦でダメージが起こります。

摩擦でキューティクルが傷つくとツヤが出なくなり、質感が悪くなります。

また、切れないスキバサミなどで髪を切るなどの行為もキューティクルが荒れる原因になります。物理的ダメージは補修が難しいため、注意が必要です。

ダメ―ジしてしまったときは?

髪がダメージしてしまったときにどうしたらいいのか気になりますよね。

髪質改善サロンならではの方法によるダメージに対する対処法をご紹介します。

髪質改善ヘアエステ

当店看板メニューである髪質改善ヘアエステです。

髪質改善ヘアエステは、毛髪補修成分を限度まで配合したスペシャル髪質改善メニューです。

毛髪は、ダメージをしてくと健康な髪の状態である疎水性から水を吸いやすい状態である吸水性になります。

これは、髪の中に定着する結合水と自由に出入りする自由水の比率や、髪の結合が切れてしまっていることも原因の一つです。

髪質改善ヘアエステでは、髪を強くする作用である架橋作用や髪を吸水性から疎水性にしていく作用があります。

これにより、ダメージした髪を疑似的に健康毛に近づけていくことができます。

プレミアムストレートエステ

当店のもう一つの看板メニューであるプレミアムストレートエステです。

当店のプレミアムストレートエステは髪のダメージに合わせて薬剤を調合します。それにより、軽度のダメージであれば髪を傷めずに形状をストレートにし、髪を疑似的にツヤのある状態にしていくことができます。

ダメージが強すぎる場合、薬剤が強くなりすぎてしまうため、こちらの施術では困難になります。

髪がハイダメージの場合、裏メニューである髪質改善酸性ストレ―トエステをオススメします。

髪質改善酸性ストレートエステ

松下限定裏メニューである髪質改善酸性ストレ―トエステです。

毛髪のダメージが著しい場合、酸性ストレートエステをオススメしています。

髪質改善ヘアエステでハイダメージを補修していくことが一番安全な方法ですが、時間がかかりすぎてしまうデメリットもあります。

酸性ストレートエステなら、非常に優しい薬剤を使用して、髪の形状をストレートにしながら補修していくことができます。

他にもブリーチ毛などのダメージしやすい状態である髪に対しても有効です。

CasaのBefore~After

Casaでは、ダメージにお悩みのお客様が多数ご来店いたします。

中には、他店で断られてしまったお客様もいらっしゃいます。

そんなダメージしてしまっている髪をキレイにする酸性ストレートエステの一例をご紹介します。

コチラのお客様はブリーチを数回施術している状態です。毛先にダメージがかなりある状態で、元々のクセもあります。

ここで、ヘアエステで長い時間をかけていくことで髪の状態は少しづつ良くなっていきますが、時間がかかってしまいます。

酸性ストレートエステで、髪の補修をしながらストレ―トの状態を作ることで、最速でツヤのある髪を作ることができます。

QA

Q1.

普段、自宅でヘアカラーを月に1回して、縮毛矯正とデジタルパーマを定期的にしています。

そのせいなのか、ダメージが非常に強く、高いトリートメントをしても全然効果がありません。どうしたらいいのでしょうか?

A.

普段の施術履歴をみると、かなりのダメージを受ける要素が多く感じます。

ダメージになりやすいホームカラーと縮毛矯正毛にデジタルパーマはダメージしやすいです。

まずは、ダメ―ジしている部分にパーマやホームカラーをしないようにした状態で、ヘアエステや酸性ストレートエステで対応していく必要があります。

一度ご来店いただき髪の状態を見させていただきたいです。

Q2.

黒髪でロングです。何故か髪のダメ―ジが気になります。

カラーやパーマをしていない髪なのですが、なぜ髪が傷むのでしょうか?

A.

髪のダメージの原因はカラーやパーマだけではありません。

紫外線やドライヤー、アイロンの熱ダメージ、シャンプーやタオルドライによる摩擦などが考えられます。

さらに、髪がロングということも原因に感じます。髪が長い場合、毛先は何年も前に生えてきた髪ということになります。

そこから、毎日の生活をしていくとダメ―ジが出てきてしまいます。

毎日の生活でいかにヘアケアが出来ているかで、今後の髪のダメージを減少させることができます。

まとめ

髪のダメージには様々な原因があります。

ですが、髪のダメージに合わせて施術をすれば現在よりも扱いやすくすることは可能です。

髪質改善サロンであれば、状態に合わせて適切な施術をご紹介します。

Casa by fleur(カーサバイフルール)

住所:東京都文京区本郷3-25-1-103

本郷三丁目駅徒歩5分 御茶ノ水駅徒歩10分 末広町駅徒歩10分

営業時間 9:30〜19:00
最終受付 カラーエステ 16:30
パーマエステ 16:00
カットエステ 18:00

当店は完全予約制なのでお待ちいただくことなくご案内できます

特に最終受付にご予約された方は必ず予約時間までにご来店下さい。
定休日 火曜日
電話:03-3830-0388
⇑ ⇑ ⇑
ご予約、お問合せお気軽にどうぞ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事