Blogブログ

髪質改善でボリュームダウンは出来るのか?

こんにちは!髪質改善サロンCasa(カーサ)スタイリストの松下です。

最近、髪質改善が美容業界でも流行ってきています。

美しい髪を作ると、デザインもさらに良く見えます。

広がり出てしまっている髪にトリートメントでサラサラになる画像を見て「これ本当なの?」と思ってしますものもあります。

髪のボリュームダウンはどうしたらいいのかについて解説していきます。

1.髪が広がる原因とは?

そもそも髪が膨らんだり、広がってします原因はなぜなのかについて解説します。

髪が広がってしまう原因は主に2つ考えられます。

クセによる広がり

クセがある場合は髪が膨らみやすいです。

そもそもクセ毛の原因は、毛穴が曲がってしまっていて、そこから曲がって髪が生えてきてしまうためです。

髪の中のタンパク質が偏ってしまっているということも原因の一つと言われています。

曲がって生えてきた中の髪が、毛を押し上げることでさらに膨らみを作ってしまいます。

この場合だと、トリートメントをしてもボリュームダウン効果は低いと考えられます。

ダメージによる広がり

もう一つはダメージによる広がりです。

髪のダメージが強い場合、毛髪の形状を維持することが出来ず広がりが出てしまします。

クセとは違うため、うねりが強いわけではありませんが、なぜかキレイに見えないというような髪質です。

ここで、広がるからと強い薬剤で縮毛矯正をしてしまうとダメージが一気に進行してしまい、ビビり毛という状態や切れ毛になってしまいます。

クセによる広がりと、ダメージによる広がりは判断が難しい場合があり、どちらも誤った判断をしてしまった場合、適切な対処が出来ないということも起こってしまいます。

2.ボリュームの出てしまう髪に対しての対処法(ホームケア)

ヘアサロンでのメニューはなんとなく思いつきますが、自宅でのケアについては意外と知らなかったりしますよね。

まずは、ボリュームが出てしまう髪にお悩みの場合の対処法を、ホームケアの観点から解説していきます。

シャンプー&トリートメントを変える

ふくらみが気になる髪の場合、シャンプーとトリートメントを変えると効果がある場合があります。

クセ、ダメージ毛ともにパサつきの髪質になってしまっていることが多いので、栄養補給がしっかりできるようなシャンプー&トリートメントに変えることで、偏ってしまっている毛髪内を埋めてあげることで落ち着けることが出来る場合があります。

アウトバスを変える

乾かす前のアウトバス製品を変える、というとも有効になる場合があります。

先にクリームタイプで水分と油分を入れておいた状態で、オイルで上からコーティングすることで湿気などにによる水分を吸ってしまってのふくらみを軽減することができます。

アウトバス製品を2つ付けているため、重くなりすぎてしまう可能性もあるので注意が必要です。

3.ボリュームの出てしまう髪に対しての対処法(ヘアサロン)

ホームケアでの対処法について解説しましたが、ヘアサロンにおいてのボリュームに対する対処法は、どのような方法があるのかみていきましょう。

システムトリートメント

ヘアサロンで導入されているシステムトリートメントです。

システムトリートメントは、栄養を髪の中に詰めていきます。なので、ダメージがある場合は一時的に髪を落ち着かせることが出来ます。

しかしクセ場合、髪の内部に偏りのある毛髪内を埋めるので、少しボリュームが落ちつく可能性はありますが、根本的な解決は難しいです。

縮毛矯正

ボリュームがクセである場合、結合を切り、形を作り、固定する縮毛矯正が有効です。

しかし、ダメージでボリュームが出ている場合は、強い縮毛矯正ですと、ダメ―ジをさらに進行させてしまう恐れがあるため注意が必要です。

4.Casaにおけるボリュームの出てしまう髪に対しての対処法

今までは、一般サロンでの対処方法をご紹介しました。

髪質改善専門店であるCasaでは、どのような施術がオススメなのかご紹介します。

髪質改善ヘアエステ

当店では、ダメージによるボリュームが気になる髪に対しては、髪質改善ヘアエステをオススメしています。

髪質改善ヘアエステは、通常のトリートメントとは違い、髪の内部に結合を作る作用があります。そのため、栄養を詰めるだけでシャンプーをすると落ちてしまうトリートメントに比べて、髪に残りやすく、毛髪を強化してくれます。

継続すればするほど髪が強く、キレイになり、ボリュームがダウンが出来ます。

しかし、クセを伸ばすことができないので、クセに対する効果は減少してしまいます。

プレミアムストレートエステ

クセに対してのボリュームダウンの場合は、当店の縮毛矯正メニューであるプレミアムストレートエステがオススメです。

通称の縮毛矯正との違いは、ダメージする確率が非常に低いということです。

クセがあるけど、ダメージをしたくないからトリートメントで我慢しているという方はオススメです。

髪を傷ませずにストレートにするため、ツヤのあるキレイな髪にすることが出来ます。

多少のダメージであればキレイにすることが出来ますが、ハイダメージの場合は施術が困難なことがあります。

髪質改善酸性ストレートエステ

ダメージ、クセ、両方が気になる方は、松下限定の髪質改善最高メニューである、髪質改善酸性ストレートエステがオススメです。

簡単に言いますと、髪質改善ヘアエステの補修力と、プレミアムストレートエステのクセを伸ばすアプローチの両方を兼ね備えたメニューです。

主に、ハイダメージでプレミアムストレートエステが困難な髪に対して行います。ハイダメージなクセに対して、補修をしながら非常に優しい薬剤で施術するため、ダメージのリスクが低く、キレイに仕上がるのが特徴です。

5.Casaでの仕上がり例

Casaでの実際の施術のBefore~Afterを見ていきましょう。

プレミアムストレートエステ

トリートメントではキレイになれないとお悩みのお客様。

クセが少しあるため、ツヤが思うように出ない状況なので、優しい薬剤でじっくりと効かせていきます。

プレミアムストレートエステを一回受けただけでこんなにキレイになりました。

クセを優しく取りながらダメ―ジを補修することで、ツヤ髪になることが出来ます。

髪質改善酸性ストレートエステ

ブリーチを数回しているお客様。

クセがありますが、ブリーチしているため、通常の縮毛矯正では難しい状態です。

酸性ストレートエステで補修+優しい縮毛矯正でツヤが復活しました。

クセを優しく取るだけで全然違いますね。

ハイダメージの場合、薬剤が強い縮毛矯正をすると、ツヤが濁ってしまうのですが、髪のハリがしっかりと残っているので、光がキレイに反射してツヤを演出しています。

6.QA

Q1.

髪のふくらみで毎日が大変です。

髪質改善ヘアエステで髪のボリュームダウンは可能でしょうか?

A.

ダメージによるボリュームやパヤつきであれば効果があります。

しかし、クセによるボリュームであれば髪の結合を切る縮毛矯正をオススメします。

Q2.

髪のダメージがかなり強く、どんなトリートメントをしてもあまり効果がありません。

どのような施術をしたら、髪が良くなるのでしょうか?

A.

髪のダメージが強い場合、髪質改善ヘアエステを定期的にすることをオススメしています。

ですが、時間がかかってしまう点があります。早くという場合ですと、髪質改善酸性ストレ―トエステをオススメしています。

一度キレイな髪を作った上で、ダメージ補修でヘアエステをすることがオススメです。

7.まとめ

ボリュームにはクセとダメ―ジの2種類があります。

それぞれの原因に対して、適切な処置を施していくことで、ベストなツヤ髪を作り上げることができます。

ホームケアでも、効果がありますが、お悩みの際はCasaに是非一度ご相談ください。

住所:東京都文京区本郷3-25-1-103

営業時間 9:30〜19:00
最終受付 カラーエステ 16:30
     パーマエステ 16:00
     カットエステ 18:00

当店は完全予約制なのでお待ちいただくことなくご案内できます

特に最終受付にご予約された方は必ず予約時間までにご来店下さい。
定休日 火曜日
電話:03-3830-0388
     ⇑ ⇑ ⇑
ご予約、お問合せお気軽にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事