Blogブログ

縮毛矯正でツンツンになってしまう原因とは?髪質改善サロンが解説!

こんにちは!

髪質改善ヘアエステサロンCasaの松下です!

「縮毛矯正をヘアサロンでお願いしたけどすごくまっすぐになって扱いづらくなった。」

「前髪縮毛矯正をしたらまっすぐすぎて逆に変な感じになってしまった。」

このような経験ありませんか?

本記事では、縮毛矯正でツンツンになってしまう原因と対処法について解説していきます。

縮毛矯正でツンツンになってしまう原因

縮毛矯正によって髪がまっすぐすぎる状態、いわゆるツンツンになってしまう状態にはいくつかあります。

薬剤が強すぎる

縮毛矯正は1液を塗布し、髪の表面をアルカリで開き、髪の結合を切っていきます。

その際に、薬剤選定が強すぎる場合に起こる可能性が高いです。

髪の体力、クセの状態以上の薬剤を選定してしまうと反応させ過ぎてしまってまっすぐなりすぎてしまいます。

強い還元(クセを伸ばす力)と強いアルカリ(髪を開く力)により、もとに戻らないくらいまっすぐになる現象もあるため注意が必要な施術です。

髪の状態に合わせて適正な薬剤反応をさせることでナチュラルな髪質にすることができます。

アイロンのプレスが強すぎる

縮毛矯正では、1液水洗後にドライをしアイロン施術を行います。

ストレートアイロンで挟んだ際にプレスが強すぎると髪がつぶれてしまい、不自然な形で固定されてしまいます。

それにより質感が悪くなったり、真っ直ぐになりすぎてしまいます。

また、過度なプレスで髪がダメージを受けてしまいますので注意が必要です。

縮毛矯正で髪がツンツンになってしまったら?

縮毛矯正をかけて髪がまっすぐになりすぎてしまった場合の対処法について解説していきます。

トリートメントを継続しながら少しづつ切っていく

薬剤反応が強すぎる場合、髪を自然に戻すことが出来ない場合がほとんどです。

その場合、トリートメントなどで髪を補修しながら少しづつ髪を切ってそろえていく必要があります。

優しい縮毛矯正でもう一度かける

縮毛矯正が以上に強すぎない場合、優しい縮毛矯正で改善できる場合があります。

ですが、ダメージやかかり具合でリスクのある行為でもあるため、専門知識のある美容師によるカウンセリングが必要になります。

パーマで曲げる

縮毛矯正毛にパーマをかけて曲げるという手法があります。

縮毛矯正は熱を使用する技術なので、通常のコールドパーマではかからない可能性が高いです。

熱を使用するデジタルパーマ施術をオススメします。

しかしアルカリが強すぎる縮毛矯正がされていた場合、パーマをしても曲がらない現象が起こる可能性があるため、専門知識のある美容師によるカウンセリングは必須となります。

Casaの縮毛矯正

Casaでは、ピンピンすぎない縮毛矯正を看板メニューとしています。

必要以上に強くない適正な薬剤選定+プレスしすぎない丁寧なアイロン技術により、たくさんの方から最高の評価をいただいています。

そもそもピンピンしない縮毛矯正を続けていくことで、ナチュラルな髪をいつまでも楽しむことができます。

プレミアムストレ―トエステ(縮毛矯正)

 

髪質改善酸性ストレ―トエステ(松下限定)

Casaの縮毛矯正施術例

Before

髪のパサつきが気になるお客様。

トリートメントでは、髪が綺麗になれないとお悩みでしたので、縮毛矯正をオススメしました。

ここで、薬剤を強くしてしまうと、ピンピンに真っすぐになってしまう+ハイダメージを受けてしまうため、優しい還元(髪を伸ばす力)と優しいアルカリ(髪の表面を開けて薬剤浸透させる力)で施術をしました。

After

トリートメントをしてもツヤが出なかった髪に縮毛矯正をかけるだけでここまでキレイになりました。

さらに、ピンピンしないで髪が自然なのもプレミアムストレ―トエステの特徴です!

薬剤と施術工程にこだわりぬいたCasaの施術ならではの仕上がりですね!

Q&A

 

Q1.

男です。普段はうねりがあり、湿気のある日などは前髪などが色々な方向に行ってしまいます。

悩みだったので先日縮毛矯正をかけたのですが、すごくまっすぐで上手くいきません。どうしたらいいですか?

A.

縮毛矯正のかかりにもよりますが、長さによってはパーマによる施術で髪を曲げることが出来る場合もあります。

しかし、どの状態なのかを詳しく見る必要があるため、一度ご相談ください。

パーマ施術などをしない場合は、アイロンやブローなどで髪を曲げるとセットがしやすくなります。

Q2.

クセ毛で悩んでいます。縮毛矯正をしてみたいのですが、ダメージすることも怖いしまっすぐすぎることも嫌です。

自然でダメージしない縮毛矯正は可能なのでしょうか?

A.

可能です。

髪の体力、クセの強さ、クセの種類を分析して薬剤を的確に調合することで、ダメージしない縮毛矯正が可能になります。

現在の状態をみて的確なメニューをオススメさせて頂きますので、是非一度お越しください。

まとめ

強い縮毛矯正は髪をまっすぐにしすぎてしまいます。

適切な薬剤選定と施術でナチュラルでツヤのある髪にしていくことができます。

お悩みの方は是非一度Casaの松下までご相談ください♪

Casa by fleur(カーサバイフルール)

住所:東京都文京区本郷3-25-1-103

本郷三丁目駅徒歩5分 御茶ノ水駅徒歩10分 末広町駅徒歩10分

営業時間 9:30〜19:00
最終受付 カラーエステ 16:30
パーマエステ 16:00
カットエステ 18:00

当店は完全予約制なのでお待ちいただくことなくご案内できます

特に最終受付にご予約された方は必ず予約時間までにご来店下さい。
定休日 火曜日
電話:03-3830-0388
⇑ ⇑ ⇑
ご予約、お問合せお気軽にどうぞ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事