Blogブログ

縮毛矯正でダメージしてしまうのは何故? 文京区本郷三丁目Casa

こんにちは!

文京区にある髪質改善サロンCasa(カーサ)の松下です!

良く聞くことなのですがカラーやパーマ、縮毛矯正をしたら傷んでしまった。

痛みたくないから怖くてできない。

そんな悩みのある方の助けになるようなことを今回は縮毛矯正に焦点を当ててお話ししていきたいと思います!

くせの種類について

くせも一種類ではありません。

各くせによって薬剤のアプローチの仕方を少し変えています。

 

くせは大きく分けて4種類あります。

  • ・波状毛
  • ・捻転毛
  • ・縮毛
  • ・連珠毛

よくわからないですね。

 

ちなみに

日本人の70%くらいの方はくせがあると言われています。

 

では、くせについて詳しく見ていきましょう!

波状毛

広がるようなくせの方はこのタイプですね。

大きなうねりをおこします。

比較的伸ばしやすいくせのタイプですね!

活かすことも可能な場合がありますね!

捻転毛

ねじれてしまった状態のくせですね。

立体的に膨らんでいくような感じになりやすいですね。

活かしていくことができる場合もありますね。

縮毛

文字通り髪が縮れてしまったタイプのくせです。

くせを活かすのは少し難しいタイプです。

薬剤を使用していかないとキレイにするには少し難しいです。

連珠毛

数珠のようにでこぼことしたくせですね。

大きなうねりではないですが、ザラザラしたような質感です。

縮毛矯正の仕組みとは

そもそものところ縮毛矯正はどうやってくせを伸ばしているのかというところをお話ししていきましょう。

簡単に説明しますと

 

髪の中にあるS-S結合というものを切って真っ直ぐにして固める

というのが縮毛矯正の仕組みです。

髪の結合を切って繋げるわけですから大手術ですね!

 

ゆえに縮毛矯正は

美容室のメニューの中で1番ダメージしやすい

と言われているんですね。

 

ダメージしたくないけど髪をキレイにしたい!!

そう思いませんか?

 

その方法についてお話ししていきましょう!

縮毛矯正のダメージの原因とは

ダメージの原因に先ほどお話しした結合を切るということがありますね。

ですが、ボロボロになってしまう最大の原因があります!

 

それは、アルカリが強すぎるからです!!

 

アルカリ??どゆこと??

 

説明しましょう!

アルカリは、髪の表面のキューティクルを浮かせて薬剤を浸透させる作用があるんです。

 

髪の結合を切る還元剤というものを髪の内部に入れていくためにはアルカリを使用していかなければいけないのです。

 

これに関しては例外もありますのでそれに関しては機会がありましたらお話ししますね。

では何故痛むことに繋がるのか、、、

 

アルカリは強すぎるとキューティクルの剥離に繋がってしまいます。

なんでも強すぎるは良くないですよね!

 

何もしていない髪の毛の場合は少し強い薬剤を使用しないと難しいのですが、

カラーをしていた場合は

アルカリを弱めないと髪の毛を壊してしまう

ということですね。

 

つまりどういうことかと言いますと

 

薬剤を髪の毛の状態に合わせれば最小限のダメージで縮毛矯正ができる!

ということですね!

ダメージしてしまったときは?

万が一髪にダメージを追ってしまったときはどうしたらいいのか。

大きく分けて3つの方法になります。

トリートメントで補修しながらケアしていく

ダメージが軽度のものであれば質の高いトリートメントをして髪をきれいに保つという方法があります。

トリートメントには髪を治すことはできませんが類似成分で髪を補修することはできます。

トリートメントをこまめにしながら常に髪をきれいな状態に保っていくことになります。

優しい薬剤でかけ直す

ダメージが軽度の状態での条件ですがものすごく優しい薬剤で補修成分を入れながらかけていくというやり方もあります。

ただ、これはリスクを伴う危険な行為でもあるのでプロである美容師とよく相談していただく必要があります。

傷んだ部分を切る

重度のダメージ毛になってしまった場合ですがトリートメントでは補修しきれない場合があります。

一度傷んでしまった髪は元には戻りません。

なので本当に傷んでいる部分をカットして伸ばしながらきれいに入れ替えていく方法になります。

縮毛矯正毛へのヘアケアはどうしたらいいの?

縮毛矯正を一度かけるとデリケートな施術なのでご自宅でのホームケアがとても大切になります。

優しいシャンプーを使用する

洗浄力の強いシャンプーはよりダメージさせる原因になりますので

弱酸性、アミノ酸由来のシャンプーを使用することをオススメします!

トリートメントで補修をする

髪の内部の成分が流れ出ている可能性があるので成分を補うため

表面にツヤを出すリンスではなくトリートメントを使用してください!

乾かす前にアウトバスをつける

ドライヤーの熱で髪が固くなってしまう原因になってしまうので

乾かす前にオイル等のアウトバス製品を使用して熱から髪を守るようにしましょう!

casaの縮毛矯正はどう違うの?

縮毛矯正でダメージさせないcasaでの縮毛矯正はどうしているか見ていきましょう!

ダメージさせない縮毛矯正の場合

casaではダメージさせないように上記でも説明した必要最低限のアルカリ量の薬剤を使用することでクセが伸びているのにダメージしないツヤのある髪にしていくことが出来ます!

 

クセを伸ばす成分と髪の内部に薬剤を入れていく成分は違うということを理解しているからこそなせる縮毛矯正技術です。

ダメージしているけど縮毛矯正をしたい場合

既にダメージしてしまっていて他店でもやんわり断られている場合ですが、いくつかやり方があります。

 

1つ目は非常に優しい薬剤を使用して縮毛矯正をする方法です。

casaでの松下限定メニューですが、髪の安定した状態のPHで施術をする酸性ストレートという技術を使用して綺麗にすることが可能な場合があります。

ダメージがあまりにも強すぎなければこの酸性ストレ―トで十分綺麗な髪にできます!

 

2つ目はヘアエステで少しづつ綺麗にしていく方法です。

ダメージが強すぎるorリスクが高すぎると判断した場合は髪質改善ヘアエステをオススメさせて頂いています!

一回で完璧にきれいにする技術ではありませんが、時間をかけて綺麗にしていくことが出来ます。

Casaにおける縮毛矯正メニュー

Casaでの縮毛矯正メニューです!

 

通常の縮毛矯正(プレミアムストレートエステ)の場合はコチラのクーポンをお選びください!

 

プレミアムストレートエステ¥22000→¥19800 4h

 

ダメージしてしまっている。ダメージをなるべくしたくない。

そんな方は松下限定ですが髪質改善酸性ストレートエステのクーポンがオススメです!

髪質改善酸性ストレートエステ¥33000→¥27500 4h

髪質、髪の履歴、ホームケア、今後どうしていきたいかなどしっかりと伺う徹底したカウンセリングをした上で髪質改善していくためにダメージさせないように通常よりも工程が多いため施術時間を長めに設定させていただいています。

Casaのダメ―ジしない縮毛矯正の実例

ここまでで縮毛矯正はどんな理屈に基づいて行われているのかについてお話してきました!

「本当にダメージしないでやってくれるの?」

という声が聞こえそうなのでBefore~Afterで実際のお客様のお悩みに応じてキレイになった例をいくつかご紹介します。

ではCasaでは実際にどんな感じで縮毛矯正をしているのか見ていきましょう!!

プレミアムストレートエステ①

まずBeforeでは髪にダメージとパサつきの強いトリートメントではおそらく落ち着かない髪でした。

ダメージしないようにゆっくりと優しく還元していくことがまず大切なので慎重に薬剤を選定しました!

正しい調合をすると髪がダメージするどころかツヤが出てきます!

これを利用して髪をツヤツヤに仕上げました!!

プレミアムストレートエステ②

コチラのお客様の髪はジリジリというより膨らみ、広がりが中心の髪質をしています。

毎日アイロンがとても大変で、トリートメント頑張っても落ち着かない+美容師から縮毛矯正を断られるようなこともありました。

パッと見るとクセがとても強そうでとても難しそうに見えますが

薬剤を優しくしてゆっくり効かせていけばかなりキレイになります!

Afterでは髪のボリュームが半分になりました。

カラーをされるお客様なのでカラーエステで栄養補給を継続的にしていけばもっともっと髪が綺麗になっていきます!

QA

Q1.

縮毛矯正を先日しました。まっすぐにはなったのですが質感が悪く、髪が傷んだような気がします。

どうしたら、理想的なハリのあるツヤのある髪になるのでしょうか?

A.

縮毛矯正をしてダメージしてしまう原因は薬剤が強すぎる、アイロンが高温すぎるなどがあげられます。

薬剤が強すぎた場合、クセは伸びているのですが髪の質感が悪くなってしまいます。

解決法として非常に優しい薬剤で縮毛矯正をする、ヘアエステで補修していくなどが効果的です。

Q2.

先日、美容院でストレートパーマをかけました。

ですが、クセがあまり伸びておらず扱いが悪い状態のままでした。なぜこうなってしまったのでしょうか?

A.

ストレートパーマの場合、薬剤施術のみでアイロンを施術中に使用しないためボリュームダウンに使用することが多い方法です。

クセをキレイに伸ばす方法としては、アイロンを使用する縮毛矯正をオススメします。

 

まとめ

いかがでしたか?

縮毛矯正とは、なるべく優しい薬剤でくせを伸ばすという本当は愛に溢れる施術なんです!

 

まだまだダメージしてしまうというイメージが強い縮毛矯正ですが

やり方を間違えなければパヤパヤした髪や毛羽立ちも良くしていくことが出来ます!

もし今回の記事でくせ毛の種類等で当てはまる方がいましたら是非縮毛矯正をしてみてください!

 

毎日が楽になって鏡見るのが楽しくなりますよ!!

 

Casa by fleur(カーサバイフルール)

住所:東京都文京区本郷3-25-1-103

営業時間 9:30〜19:00
最終受付 カラーエステ 16:30
     パーマエステ 16:00
     カットエステ 18:00

当店は完全予約制なのでお待ちいただくことなくご案内できます

特に最終受付にご予約された方は必ず予約時間までにご来店下さい。
定休日 火曜日
電話:03-3830-0388
     ⇑ ⇑ ⇑
ご予約、お問合せお気軽にどうぞ。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事